Admin

Information

Author:Sail

ポケモンサンムーンについて書いていきます

Search

Category

Calendar

11 <|2017/03|> 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Comment
Trackback

Rss

FC2Ad

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)  --:-- by Sail
 ✤ ポケモン復帰してみた
Posted on 12.2016
1年以上ほったらかしだったオメガルビーを引っ張りだして対戦環境を整えてみることにした

手近に現役がいるので、第4世代第5世代の時のポケモンを譲った恩を使ってある程度手っ取り早くなんとかなった

とりあえず第5世代で使ってたのを現代風にアレンジしたパーティで何度かレーティングをやってみた

ガルーラ♀ きもったま ガルーラナイト
180-147-100-**-101-156 [180-177-120-**-121-167]
すてみタックル ふいうち ねこだまし まもる

ギャラドス♂ いかく ぼうじんゴーグル
201-165-100-**-141-109
たきのぼり おんがえし ちょうはつ まもる

ライコウ プレッシャー オボンのみ
168-**-95-166-118-182 (理想値マイナス2)
10まんボルト バークアウト リフレクター まもる

ユキノオー♀ ゆきふらし こだわりスカーフ
165-101-95-144-105-123
ふぶき れいとうビーム ウッドハンマー ぜったいれいど

シャンデラ♀ もらいび ふうせん
167-**-119-195-111-111
シャドーボール だいもんじ トリックルーム まもる

ゲッコウガ♂ へんげんじざい いのちのたま
147-147-88-**-91-191
けたぐり ダストシュート かげうち たたみがえし



ライコウとガルーラかシャンデラかゲッコウガを先発に置くことが多い

後発はユキノオーギャラドスシャンデラゲッコウガとそこそこパターンもある

とりあえずバトルハウスである程度の予習は済ませておいたのだけど、やっぱりまだ相手が何をやってくるかわからないことが多い
負けて覚えていこうと思う


以下雑感

●ガルーラ
第5世代までのメタグロスを使う感覚で使えば何の問題もなかった 火力は正義
火力も耐久も素早さも申し分なしで、耐性すらも優秀で仕事できずに退場することがほぼないのでやはり強い
分かりきってることだけども、だから何だそれがどうしたとしっかり役割を遂行してくれる頼れるエース

もちろんそれだけに変則型や対ガルーラを意識したポケモンが多いというのもよく分かった
第6世代のポケモンは「ガルーラに対してやれることがないポケモンはクズポケ」と覚えることにした

●ギャラドス
第5世代と使用感は全く変わらず
でんじはかちょうはつどっちを採用するかは相変わらずパーティ次第だけどこの場合トリックルーム耐性を上げるべきだったのでちょうはつに
ぼうじんゴーグルはとりあえずで持たせてみたけどまだ役に立ってはいない モロバレルキノガッサを相手にできるようになるのは大きいと思うので、ソクノよりも優先してみた
ただ、でんきのジュエルがないことと、電気ポケのいのちのたま率がかなり低いからソクノを持つのも大いにありだと思った

●ライコウ
強い
こちらも使用感はほぼ変わらず
リフレクターとバークアウトでの補佐役がメインながら、一致10まんボルトでの火力も普通に低くない
対ガルーラを意識せざるを得ないせいで余った努力値をとくぼうよりもぼうぎょに回してるポケモンが多いことが追い風か
耐久のラインが本当に絶妙で、一致地面が飛んでこないかぎりは大体何でも耐えてしまい、オボン発動でまたもう一発耐えられるという状況がかなり多かった

●ユキノオー
PGLの統計を見ると、58%ほどがユキノオナイト、33%ほどがきあいのタスキ
スカーフの割合はなんと3%ほどしかなかった(とは言え順位にするとメガストーンタスキに次ぐ3位だが)
相も変わらずユキノオーのスカーフは何故か警戒されないので、ふぶき連打するだけで普通に強い
ゲッコウガと一緒に入れてるからか2体でふぶき連打するだけのナメたパーティだと思われているのもあるかもしれない
もうダメかも、という状況からぜったいれいどでのワンチャンスを掴んだ気持ちよさも相変わらずでした

●シャンデラ
すりぬけを使いたかったのだけど、入手が困難なこととPGL統計によるねっぷうの採用率の高さからもらいびを選択
対トリックルーム性能が悪いパーティなのでトリックルームを仕込んであるけど、使うことはほぼない
おにびやちいさくなるも選択肢にあったが、どうせ使わないのならトリックルームでいいやと
だいもんじは威力が下がっているとはいえこいつに打たせればそんなことは関係ないくらいの火力だった

●ゲッコウガ
ただの御三家最終進化の一般ポケのくせにスマブラに出演しているだけのことはある性能をしていた
ダストシュートとかげうちの火力がなかなかに素敵で、終盤ユキノオーをたたみがえしで守るなんて芸当もこなせた
けたぐりは完全に対ガルーラだけど、一撃で倒すのはさすがに難しかった(ガルーラ側の耐久無振りで13/16くらい) ガルーラまじつよい
肝心な場面でダストシュートを外されてしまう、というのはまあこいつを採用してる限り仕方がないのでそれはそれと割り切る


結果は12勝6敗とまずまずの出だし
勝って当然な相手を省くと大体五分五分ってところですかね
cetegory : ORASの話  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
2016年05月12日(木)  20:24 by Sail
 ✤ Comment






 ✤ Trackback
この記事のトラックバックURL
http://spiokilt.blog56.fc2.com/tb.php/3009-2819ffa1

 ✤  BLOG TOP  ✤ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。